Chipin
OSA DC、Dalong Payと提携し、法定通貨の利用可能に



ico ニュース

OSA DCは、暗号通貨と法定通貨間のギャップを埋める決済プラットフォームであるDalongPayと提携しました。

発展する暗号コミュニティに便利な決済手段を提供することを目的として2016年12月に設立されたDalongPayは、暗号通貨-法定通貨間の決済システムです。当サービスは、法定通貨と暗号通貨間のアクセスを容易にする橋渡しとして機能します。このシステムでは、銀行カードを使ってオンラインで暗号通貨を購入することができます。これにより、DalongPayのシステムを使用して、銀行カードを使って自由に暗号通貨を売却し、2種類の通貨間で転送することが出来ます。DalongPayは現在、Bitcoin、Litecoin、Ethereum、Dash、およびZcashをサポートしています。

ICOの約15%〜20%は決済に法定通貨を使用していますが、2017年の最も成功したICOの半数以上がトークンセールで法定通貨を受け入れています。当社チームは、このサービスがOSA DCコミュニティにとって非常に有益であると考えています。これにより、OSAトークン購入がこれまで以上に簡単で便利になります。これは、OSAトークンセールの参加者が、OSA DCプラットフォーム上でスマート消費者になるための最初のステップです。今まで暗号通貨に関する経験がなくても、流動性を手に入れ、エコシステムに参加する確実な方法となります。

「OSA DCでは、スマート消費者の要求を満たすため、トークンセールに参加するための可能な限りすべての手段を提供したいと思うのは自然なことです。」とOSA DCの共同設立者であるAlex Isaievは述べています。「コミュニティメンバーのプロジェクト参加がより簡単になり、より多くのスマート消費者が完璧な小売経験の追求に参加する道を開きます。」

前身となるOSA Hybrid Platform上に構築されたOSA DCは、ブロックチェーン技術と人工知能を組み合わせることで、小売業者や製造業者が在庫をよりよく管理できるよう支援します。OSA DCのブロックチェーンにより、生産者と売り手はピンポイントな精度で製品を追跡でき、AIデジタルアシスタントはより正確なビジネス戦略を策定し、小売業者が在庫切れや在庫過多の問題をリアルタイムで管理できるよう支援します。消費者もプラットフォームから利益を得ることができ、AIアシスタントを利用してショッピングの選択肢をニーズに合わせ、OSAトークンと引き換えにネットワークにデータを託すことができます。

現時点で、iOSとAndroid用のDalongPayアプリケーションはすでに利用可能です。DalongPayを使用してICOの実施を希望する企業のため同組織では、法定通貨を獲得し、即座に暗号通貨に変換するためのAPIを開発しています。

OSA DCについてのより詳しい情報はこちらです。DalongPayについての詳しい情報はこちらです

Source: Chipin